良いコズモズ関西フードバンクニュース!

良いコズモズ関西フードバンクニュース!

報告が遅れてしまってすみません。この一年間は何という一年だったろう!
今日は少し良いお知らせがあります。写真は新しいコズモズ関西配送センターです
このところ私はしばしば社会的支援の必要性や、人々の社会への関心の全体的な低さについて愚痴をこぼしていました。
でも大変心強いことに、食品の寄付と関西コズモズフードバンクの食品配送は昨年よりも増えました。
これを
達成できたのは、多くの食品を寄付して頂いたことに増して、私達の食品を処理・配送する能力が向上したことが大きいです。ここ関西では毎週何千トンもの食品がそれを必要とする方々のもとに届けられるのを待っています。
今年のこの配送量の増加はコズモズの献身的なスタッフたちのおかげです。
彼らは次世代のより明るい未来を実現するために活動してくれました。
このボランティアたちは、政府の行動を待つのではなく、彼ら自身が自らの地域の一員として地域に責任を持ち、コズモズを動かしました。
あなたのご支援があれば、私達は活動をもっと前進させられます。
京都の4階建てのコズモズのビルは手狭になりました。
写真は、まだ契約を終えたばかりの新しい関西配送センターの土地です。
ここには新しい倉庫、配送のための設備、4トントラック(まだ確保できていない)とその他の配送車の駐車スペースができる予定です。
コズモズは自らが現在属しているコミュニティに必要な支援をし、さらにそれを出来る限り幅広く拡大していくことに貢献します。
貧富の差は広まりつづけ、支援の必要性は世界中にあります。
私達は自由な発想を好むインターン生を探しています。現状を打破するのに必要なスキルを磨くのを助けます。
私達は皆、今の自分よりもずっと大きくなれます。
これまでの活動を支えてくれているすべてのヒーロー達に感謝します。
そしてまだ見ぬヒーローを歓迎します。

Juneの炊き出し

[ June 24, 2012; 7:00 pm; ] 24日に、大阪の桜島公園で炊き出しを行ってます。詳しい情報の為に、連絡ください!

ボランティアサークルの説明会&パーティ

[ June 2, 2012; 7:00 pm; ]  
[ June 2, 2012; 7:30 pm to 11:30 pm. ]  
毎年行っているボランティアサークルの説明会を
6月2日(土)19:30〜
コズモズ伏見桃山センターにて開催したいと考えております。
 
コズモズの活動の趣旨、今年の目標、現在ボランティアしている
スタッフの話等々、
パーティも同時開催しますので、会費(食べ放題)は
1000円となっております。
では、皆さんと楽しい時間を過ごすの楽しみにしております。
 
コズモズスタッフ一同より♪

感謝

今朝コズモズの郵便箱にこの手紙と200円の募金がありました。
僕は感動して思った。僕たちの周りを見るとレクサスを乗っている人がいたり、50階建てのマンションが作られたり、若い女性は何十万もするヴィトンのバックを持っている。。。おばあちゃんが菓子パンを楽しむのはそんなに難しいことかな?
コズモズでは、そう思いません。そして僕や僕の家族が関西のフードバンクを作るために犠牲にした物事がこの手紙を読んで、さらに些細なことだと思った。
あなたの手伝いがあると誰かはその分だけの喜びが与えられる。手伝いがないとその分だけ誰かに与えられません。

釜ヶ崎の希望と絶望

今日は、私たちの食糧支援の車が大阪府西成区、釜ヶ崎地区に向かいました。「銀座通り」と名付けられた通りは、その名の通り長年西日本において夢が生まれ、そして打ち消えていった場所でした。また、中流層に属す日本人の新スタッフにとって、その地を見るのは衝撃的な経験でした。
彼らのコミュニティの一部でありながら、しばしば無視されたり、ただ列車が通過するときに見える場所として捉えられいるその地。釜ヶ崎は最大の日雇い労働者街であり、またそこにはホームレスの人々が数多く暮らしています。
ホームレスの割合は日本最高です。長年、学校に通っていない若者が高い日給を得るためにここに集まってきます。多くは日雇い労働で、給料は当日の現金支給です。

毎朝企業のトラックやバスがこの場所に来て、建設・輸送や工場労働のための労働者を雇い現場へ連れて行きます。
夕方になると、トラックは幸せな顔をした人々を連れ帰ってきます。彼らは、普通の仕事よりも良い稼ぎを手にします。
ギリシア神話に登場する船を岩に誘惑して水没で船員が死にいたったセイレーンのように、多くの若い男は無保険のため、そして稼ぎのために、難破した生活に誘い込まれます。やがて彼らは膝や背中を悪くし、もうバスには乗れなくなって収入が途絶え・・・
日雇い労働の最も残酷な展開の一つは、いつものような建設現場での労働だろうと思っていた多くの労働者の行き先が、実は福井県の原子力発電所であった、などという展開でしょう。或いは最近では、だまされてあの福島第一原発で働かさせられる、といった状況でしょうか。しかし、二時間働いて得られる日当で暮らしが楽になるのです。「核の銀座」という興味深いドキュメンタリーがあります。これは日本人写真家の樋口健二によって制作されたもので、以下で見ることができます。
バイリンガル・ドキュメンタリーNuclear Ginza
60、70年代の経済成長や80年代初頭のバブル経済の陰で、現在の釜ヶ崎地区の平均年齢は50歳を超えています。少し前に新しくやってきた元気のある若者たちは、その多くが高齢になり背中や膝を悪くしています。彼らに将来の楽しみなどは何もなく、ただ困窮と孤独に衰える日々です。
この日雇い労働者のたまり場が日本のすばらしい経済成長を根底で支えてきたのではないのですか?今日の近代的な社会基盤は彼らの重労働の産物ではないのでしょうか?この景気低迷期にあって、これほど社会に貢献してきた彼らのことを忘れかけていませんか?誰もが栄養のある食事を得るに足る存在なのではないでしょうか?
コズモズはそう考えます。私たちは私達皆のために一生懸命に働いた彼らのことを忘れません。来週も同じ場所に行きます。なぜなら単にそれが、やるべき正しい行いであるから。コズモズがコミュニティーの支えであり続けるために、コズモズの活動に対する変わらないご支援をよろしくお願いします。

« go backkeep looking »