熊本地震の後ー支援情報

熊本地震の後ー支援情報

聞いたことがないような災害。3日間に渡り500以上の地震。 そして、最大マグニチュード7.3Mの揺れ。 家の倒壊、道路の破壊。そして、ガス管の破裂などの被害が多くありました。 その様な状況の中でも奇跡もありました。 瓦礫の中から8カ月の赤ちゃんが無事に救出されました。彼女が寝ている間、彼女が中にいるビルが壊れましたが、瓦礫がうまいこと彼女の周りに落ちて生存空間を作り、彼女を守りました。

ある日、突然…

  想像してみて下さい。あなたは五人の子供を持つワーキングマザーで、子供達を育て、良い妻であろうと努力し、すべてがテレビ番組のようにうまくいくように、と期待しています。 そして、ある晩突然…ご主人が帰宅しなかったら。 次の日も、そしてその次の日も、ご主人は帰って来ません…。 そして、ご主人の失踪とともに月々の支払いという問題が起こるのです。 こういう事は、あまりにもしばしば起こります。 そして、コズモズ関西が支援しているワーキングマザーのNさんもこの問題を抱える一人です。数ヶ月の間、Nさんは失踪したご主人からなんの連絡もなく、もちろん金銭的なサポートも一切ありませんでした。。。

感謝

今朝コズモズの郵便箱にこの手紙と200円の募金がありました。 僕は感動して思った。僕たちの周りを見るとレクサスを乗っている人がいたり、50階建てのマンションが作られたり、若い女性は何十万もするヴィトンのバックを持っている。。。おばあちゃんが菓子パンを楽しむのはそんなに難しいことかな? コズモズでは、そう思いません。そして僕や僕の家族が関西のフードバンクを作るために犠牲にした物事がこの手紙を読んで、さらに些細なことだと思った。 あなたの手伝いがあると誰かはその分だけの喜びが与えられる。手伝いがないとその分だけ誰かに与えられません。

釜ヶ崎の希望と絶望

今日は、私たちの食糧支援の車が大阪府西成区、釜ヶ崎地区に向かいました。「銀座通り」と名付けられた通りは、その名の通り長年西日本において夢が生まれ、そして打ち消えていった場所でした。また、中流層に属す日本人の新スタッフにとって、その地を見るのは衝撃的な経験でした。 彼らのコミュニティの一部でありながら、しばしば無視されたり、ただ列車が通過するときに見える場所として捉えられいるその地。釜ヶ崎は最大の日雇い労働者街であり、またそこにはホームレスの人々が数多く暮らしています。 ホームレスの割合は日本最高です。長年、学校に通っていない若者が高い日給を得るためにここに集まってきます。多くは日雇い労働で、給料は当日の現金支給です。

孤児にストロベリーを

「京都に孤児院があるの?」 これは関西フードバンク活動で今週から新ドライバーとして働く人が発した疑問です。 その後彼は、地域にたくさんの孤児院があることに対して驚きました。 そして、車で京都、高槻、茨木の孤児院に赴いて食料を配布するだけでも週に4日かかることに対して。 私たちは地域の孤児院と共に15年間活動をしてきました。 これまで無料で食料を提供する他、清掃からUSJへの旅行までさまざまな活動をしてきました。

keep looking »