良いコズモズ関西フードバンクニュース!

良いコズモズ関西フードバンクニュース!

報告が遅れてしまってすみません。この一年間は何という一年だったろう! 今日は少し良いお知らせがあります。写真は新しいコズモズ関西配送センターです このところ私はしばしば社会的支援の必要性や、人々の社会への関心の全体的な低さについて愚痴をこぼしていました。 でも大変心強いことに、食品の寄付と関西コズモズフードバンクの食品配送は昨年よりも増えました。 これを

Juneの炊き出し

24日に、大阪の桜島公園で炊き出しを行ってます。詳しい情報の為に、連絡ください!

ボランティアサークルの説明会&パーティ

  [ June 2, 2012; 7:30 pm to 11:30 pm. ]   毎年行っているボランティアサークルの説明会を 6月2日(土)19:30〜 コズモズ伏見桃山センターにて開催したいと考えております。   コズモズの活動の趣旨、今年の目標、現在ボランティアしている スタッフの話等々、 パーティも同時開催しますので、会費(食べ放題)は 1000円となっております。 では、皆さんと楽しい時間を過ごすの楽しみにしております。   コズモズスタッフ一同より♪

ボランティアサークルの説明会&パーティ(1回目)

  毎年行っているボランティアサークルの説明会を 4月7日(土)19:30〜 コズモズ伏見桃山センターにて開催したいと考えております。   コズモズの活動の趣旨、今年の目標、現在ボランティアしている スタッフの話等々、 パーティも同時開催しますので、会費(食べ放題)は 1000円となっております。 では、皆さんと楽しい時間を過ごすの楽しみにしております。   コズモズスタッフ一同より♪

感謝

今朝コズモズの郵便箱にこの手紙と200円の募金がありました。 僕は感動して思った。僕たちの周りを見るとレクサスを乗っている人がいたり、50階建てのマンションが作られたり、若い女性は何十万もするヴィトンのバックを持っている。。。おばあちゃんが菓子パンを楽しむのはそんなに難しいことかな? コズモズでは、そう思いません。そして僕や僕の家族が関西のフードバンクを作るために犠牲にした物事がこの手紙を読んで、さらに些細なことだと思った。 あなたの手伝いがあると誰かはその分だけの喜びが与えられる。手伝いがないとその分だけ誰かに与えられません。

釜ヶ崎の希望と絶望

今日は、私たちの食糧支援の車が大阪府西成区、釜ヶ崎地区に向かいました。「銀座通り」と名付けられた通りは、その名の通り長年西日本において夢が生まれ、そして打ち消えていった場所でした。また、中流層に属す日本人の新スタッフにとって、その地を見るのは衝撃的な経験でした。 彼らのコミュニティの一部でありながら、しばしば無視されたり、ただ列車が通過するときに見える場所として捉えられいるその地。釜ヶ崎は最大の日雇い労働者街であり、またそこにはホームレスの人々が数多く暮らしています。 ホームレスの割合は日本最高です。長年、学校に通っていない若者が高い日給を得るためにここに集まってきます。多くは日雇い労働で、給料は当日の現金支給です。

孤児にストロベリーを

「京都に孤児院があるの?」 これは関西フードバンク活動で今週から新ドライバーとして働く人が発した疑問です。 その後彼は、地域にたくさんの孤児院があることに対して驚きました。 そして、車で京都、高槻、茨木の孤児院に赴いて食料を配布するだけでも週に4日かかることに対して。 私たちは地域の孤児院と共に15年間活動をしてきました。 これまで無料で食料を提供する他、清掃からUSJへの旅行までさまざまな活動をしてきました。

バットマンと寒い夜のお出かけ

大阪の天王寺駅は南大阪で一番大きな駅というだけでなく、日本で路上生活者が最も多い地域の一つでもあります。このような路上生活者の支援を、会社での勤務後の夜だけ匿名でされている男性のバットマンさんと知り合いになりました。児童養護施設や老人ホームでのボランティア活動は賞賛されるのに対し、路上生活者へ対する世間の目は一般的に冷たく、そういったことへの支援活動があまり賞賛されないのが日本の現状ではないでしょうか?そのために、バットマンさんも会社には内緒で支援活動をされているということで、私たちが彼をバットマンと呼ぶ理由もそれです。 コズモズ関西フードバンクでもボランティアスタッフを募集していますが、こういった理由で応募が少ないのが現状です。コズモズでは毎年の恒例行事なのですが、特製弁当を大量に作り12月27日の夜に、バットマンさんにも手伝って頂き、路上生活者へそのお弁当を配ってきました。当日は非常に寒く、路上生活者は毛布や段ボールなどを利用しどうにか寒さを凌いでいました。もう少し暖かい時期ならば無料食堂などに来てもらって配給するのが常ですが、あまりにも寒く、できるだけ温かい料理を早く提供したかった為、公園や橋の下、駐車場などを周り、お弁当や新鮮なフルーツ、カレーパン等を配りました。ボランティアの皆さんは終電までかかり、用意したものが全てなくなるまでたくさんの人々にクリスマスのおすそ分けをしました。路上生活者の方々も来年はより良い生活が送れるよう願っていますが、それには社会全体がただ見て願うだけではなく、積極的なサポート体制が必要となると思います。 皆様、どうぞ健やかなクリスマスを。 メリークリスマス!

« go backkeep looking »